通販で購入されるようになってきたおせちについて

通販で購入されるようになってきたおせちについて

お節料理とは、節日(節句)に作られる料理のことをいいます。お節の語源は、中国から伝わり五節供の行事が日本の奈良時代に伝わってきたことが始まりとされています。日本人は伝統や仕来りを守り続けることを大切にしています。このおせち料理というものも、奈良時代から今の平成に渡り変化をしつつ残されてきているのではないかと感じます。そのよい例が、昔は、そこそこの家庭での手作り母の味とされてきたが、最近では通販やデパートでの有名店が作るおせき料理を購入される過程が増えてきている。おせち料理をそもそもなぜ食べるのであろうか。お屠蘇にお雑煮、黒豆、数の子、ごまめ、それに、煮しめ沢山のものがある。こう見てみると、煮るなどして味をしみこませるものが多いことに気づいた。もともとは、季節の変わり目の節として神にお供え物をし、宴を開くという宮中でおこなわれていたため保存食が多く使われていました。そして、いつしか昔の人々にも、豊作と家内安全そして、子孫繁栄の意味を込められ手作りをし節を祝ってきたといわれています。それが今では、通販などで購入される方も増えてきています。最近では、その手作りをして祝うという受け継がれてきたおせちが変化してきています。やはり時間のない年末に、手間と時間がかかるために最近ではデパートで市販のものを購入したり、通販で有名シェフが作られたおせちを購入される家庭が増えてきています。一つの行事を行うもにも多数のやり方が選べるのも最近の日本の良いところだと感じます。がしかし、私はご先祖様が昔の人々がされてきた。我が家の味というものを、これからの私たちの子孫に受け継いでいってもらいたいものだと感じています。

新着情報

おすすめサイト

関連情報